あなたの車の下取り価格はもっと高いはず!

不安10年以上乗ってる車はさすがに売れないだろうな・・・
不安下取りしてもらっても新車買換えの足しにもならなかった
不安安いだろうとは思っていたけど逆に処分費用を取られるの?!

見積もり
今では古い車でもメンテナンスをして発展途上国に輸出したり、車体は不要でもパーツを再利用したりするので古い車でも売れる時代になりました。

古い車であっても値がつくことはあっても処分費用を払うなんて勿体無いですよ!

疑問
じゃあどうして下取り価格は安いのか?

ディーラーでは『新車販売』がメインで『古い車の下取り』は新車を買ってもらうために仕方なく行っているサービスだからです。
高値で下取りすることは新車の値引きををするのと同じこと。
だからディーラーでの下取りは高値がつくどころかむしろ大損します!!

知らなきゃ損!手間もかからない賢い車の下取り方法

高値がつかないとわかればディーラーに売らず『車買取専門店』に売ればいいだけです。
できる中古車販売がメイン
できる自社で安くメンテナンスできる
できる店頭やオークションに出して高値で売るなど販売経路をいくつも持っている

元から中古車を販売する車買取専門店は色々な車種を欲しがっています。
『あなたの愛車を欲しがっている』車買取専門店を見つけて高値で買い取ってもらうのが一番です!

obi

超簡単!あなたの愛車を欲しがっている買取店が探せる車一括査定サイトを紹介

希望車一括査定サイトなら車買取専門店巡りをしなくても1回の申込みで多数の見積もりを取り寄せられます!

メーカー名・車種・年式・走行距離などを入力するだけ!
迷うことなく入力できるので車のことに詳しくない方でも簡単に申込めます!

  • ズバット車買取比較

    申込者の70%が下取りよりも5万円以上の高値がついている実績のある査定サイトです。
    すでに60万人が利用、実績も十分にあります。
    最大10社から見積もりが届くので他社との比較もでき便利です。

    ズバット車買取比較の申込み画面はこちら

    zba

  • かんたん車査定ガイド

    PCやスマホから申込めばおおまかな査定額がすぐ画面に表示され便利です。
    見積もりも後から届くので他社で満足できなかった方にもおすすめです。
    2社目の申し込みでの利用で人気があるサイトです。

    かんたん車査定ガイドの申込み画面はこちら

    かんたん車査定ガイド

  • 楽天無料愛車一括査定

    楽天が運営している中古車査定サイトです。先に郵便番号を排気量を入力すると、対象の買取店が表示されどこに見積もりを依頼するのかがひと目でわかります。見積り後に売却が成立すれば楽天ポイントが3,000ポイントもらえお得です。

    かんたん車査定ガイドの申込み画面はこちら

    楽天

    (※まずは郵便番号を排気量を入力、その後詳細登録画面が表示されます)

一括査定サイト利用時のポイント

ガッツポーズのビジネスマン
一括査定サイトは運営会社ごとに登録買取業者が違うことがあります。

1サイトだけではなく2サイト申込むのがおすすめです!

多くの見積りを比較したいからと申込み過ぎては対応するのも大変になるので2社で十分です。

申込み前に要チェック!車の下取りに必要な書類

車を下取りに出す場合には様々な手続きや書類が必要となります。
手続きについてはほとんどの場合、取り扱う業者サイドで行ってくれますので、それほど専門的な知識を持っておく必要はありませんが、必要な書類については車の下取りをする人が用意しなければなりませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

車検証

これは車の運転時に常に携帯しておかなければならないものなのですが、法律的にその車が特に問題がないことを証明する大切な書類でもあります。
逆にいうと、これがないとその車に乗ってはいけないといわれるほどの重要な書類ですので、下取りに出す場合には必ず用意しておきましょう。

納税証明書

車に乗っていれば、何かと費用が発生するものですが、税金についても同様に納める必要があります。
納税証明書は、その車にかかる税金を問題なく納めていることを証明する書類ですので、こちらも下取りの際には添付する必要があります。

自賠責保険証

自賠責保険は、自動車に乗る際に入らなければならない強制保険であり、こちらも車の運転時には必ず乗せておかなければならないものです。
これらは、普段は取り出して使うということはありませんので、紛失するといったことはおそらくないと思いますが、もしなくしてしまっている場合には早めに再発行の手続きをとるようにしてください。

この他、車を売る側が用意すべき書類としては印鑑証明と住民票が必要となります。
いずれも平日でなければ用意ができませんので、早めに用意しておきましょう。

これ以外には、譲渡証明書や委任状が必要となりますが、これらについては下取りに出すディーラー側で用意してくれますので敢えてこちらから持っていく必要はありません。

お金と車の関係実際に下取りに出す際には、どの業者が最も高値をつけてくれるのかという点も気になるところです。
最近ではインターネットを利用して一括で複数の業者に下取りの見積を依頼することができますので、こうしたサイトを利用することで、愛車のおおよその相場を簡単に調べることができます。
もちろん実際に見積を確認してキャンセルすることもできますので、現在乗っている車がどれぐらいの値段が付くかという点が気になる人はぜひ一度試してみてください。

obi

サブコンテンツ

このページの先頭へ