車の下取りと買取の違い

自動車の査定

車を買い換える方法として下取りと買取があります。

下取りは新しく新車や中古車を購入する予定の車の販売店で、今所有している車を引き取ってもらうことです。
購入予定の車の代金に下取り価格を当てはめて購入することができるので販売店で新しい車を安く手に入れることができます。

買取は車買取専門店に所有している車を売却することです。
車買取専門店を利用する場合は、そのお店で車を購入することはできないので販売店へ向かい新しい車を購入することになります。

▼▼▼ No.1車買取査定サイト  ▼▼▼


所有している車によって車の販売店で売るほうが高値になる場合と車買取専門店で高値がつく場合があります。
どちらの店舗にも車を持っていくことは時間がかかってしまいますし必ず納得できる金額が提示されるとは限りません。
車の引き取りをしてもらう場合はインターネットの一括査定サイトを利用しましょう。

ズバット車買取比較の特徴

WS000002

sck1111-cmk01-02全国150社以上が加盟している

sck1111-cmk01-02最大10社へ査定依頼が可能

sck1111-cmk01-02年中無休でカスタマーサポートを受けられる

sck1111-cmk01-02累計利用者数60万人以上の利用実績がある

 

買取業者の特徴

ビジネスマン 表情 PC

sck1111-pegd01-02各買取業者の在庫によって欲しい車は違う
sck1111-pegd01-02得意な車種は買取業者によって違う
sck1111-pegd01-02車種ごとに人気のカラーがある
sck1111-pegd01-02廃車でも査定額がつく会社がある
sck1111-pegd01-02独自の流入ルートを持っているので査定額に40万円以上の差が生まれることもある

高い金額で売却したいのであれば複数の会社から見積もりをとって比較しましょう。
手続きが簡単なのですぐに見積もりを取ることができますよ。

▼▼▼ No.1車買取査定サイト  ▼▼▼


車を下取りに出す場合には様々な手続きや書類が必要となります。
手続きについてはほとんどの場合、取り扱う業者サイドで行ってくれますので、それほど専門的な知識を持っておく必要はありませんが、必要な書類については車の下取りをする人が用意しなければなりませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

まず、車検証。
これは車の運転時に常に携帯しておかなければならないものなのですが、法律的にその車が特に問題がないことを証明する大切な書類でもあります。
逆にいうと、これがないとその車に乗ってはいけないといわれるほどの重要な書類ですので、下取りに出す場合には必ず用意しておきましょう。

次に、納税証明書。
車に乗っていれば、何かと費用が発生するものですが、税金についても同様に納める必要があります。
納税証明書は、その車にかかる税金を問題なく納めていることを証明する書類ですので、こちらも下取りの際には添付する必要があります。

そして忘れてはならないのが自賠責保険証です。
自賠責保険は、自動車に乗る際に入らなければならない強制保険であり、こちらも車の運転時には必ず乗せておかなければならないものです。
これらは、普段は取り出して使うということはありませんので、紛失するといったことはおそらくないと思いますが、もしなくしてしまっている場合には早めに再発行の手続きをとるようにしてください。

この他、車を売る側が用意すべき書類としては印鑑証明と住民票が必要となります。
いずれも平日でなければ用意ができませんので、早めに用意しておきましょう。

これ以外には、譲渡証明書や委任状が必要となりますが、これらについては下取りに出すディーラー側で用意してくれますので敢えてこちらから持っていく必要はありません。

いつかは赤いスポーツカー☆

実際に下取りに出す際には、どの業者が最も高値をつけてくれるのかという点も気になるところです。
最近ではインターネットを利用して一括で複数の業者に下取りの見積を依頼することができますので、こうしたサイトを利用することで、愛車のおおよその相場を簡単に調べることができます。
もちろん実際に見積を確認してキャンセルすることもできますので、現在乗っている車がどれぐらいの値段が付くかという点が気になる人はぜひ一度お試しください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ