車の下取り

車を乗り換えるにあたり、覚えておきたいことのひとつに「下取り」というものがあります。
現在乗っている車を乗り換える際、次に車を買う業者に車を引き取ってもらうことを下取りといいます。
この、車の下取りというものは、一見すると車を手放していくらかのお金を受け取ることになりますので、車の買取に似ていますが、最大の違いは、その後、下取りに出した業者から車を購入するという点にあります。
つまり、車の下取りとは、その業者から車を買うことが前提となっている取引です。
それに対して、車の買取とは、必ずしも車の買取業者から車を買う必要はなく、あくまでも車を売りに出すだけという違いがあります。

さて、車を下取りに出す場合には様々な手続きや書類が必要となります。
手続きについてはほとんどの場合、取り扱う業者サイドで行ってくれますので、それほど専門的な知識を持っておく必要はありませんが、必要な書類については車の下取りをする人が用意しなければなりませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

まず、車検証。
これは車の運転時に常に携帯しておかなければならないものなのですが、法律的にその車が特に問題がないことを証明する大切な書類でもあります。
逆にいうと、これがないとその車に乗ってはいけないといわれるほどの重要な書類ですので、下取りに出す場合には必ず用意しておきましょう。

次に、納税証明書。
車に乗っていれば、何かと費用が発生するものですが、税金についても同様に納める必要があります。
納税証明書は、その車にかかる税金を問題なく納めていることを証明する書類ですので、こちらも下取りの際には添付する必要があります。

そして忘れてはならないのが自賠責保険証です。
自賠責保険は、自動車に乗る際に入らなければならない強制保険であり、こちらも車の運転時には必ず乗せておかなければならないものです。
これらは、普段は取り出して使うということはありませんので、紛失するといったことはおそらくないと思いますが、もしなくしてしまっている場合には早めに再発行の手続きをとるようにしてください。

この他、車を売る側が用意すべき書類としては印鑑証明と住民票が必要となります。
いずれも平日でなければ用意ができませんので、早めに用意しておきましょう。

これ以外には、譲渡証明書や委任状が必要となりますが、これらについては下取りに出すディーラー側で用意してくれますので敢えてこちらから持っていく必要はありません。

実際に下取りに出す際には、どの業者が最も高値をつけてくれるのかという点も気になるところです。
最近ではインターネットを利用して一括で複数の業者に下取りの見積を依頼することができますので、こうしたサイトを利用することで、愛車のおおよその相場を簡単に調べることができます。
もちろん実際に見積を確認してキャンセルすることもできますので、現在乗っている車がどれぐらいの値段が付くかという点が気になる人はぜひ一度お試しください。