中古車を下取りするときの注意点

乗らなくなった車を下取りに出す際には、注意すべきポイントがいくつかあります。
その前に車を下取りに出す場合のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

092811

まずメリットの点ですが、車の下取りとは、現在乗っている車を売って、その車を売った先から新しい車を買い換える場合に使われる言葉です。
そのため、下取りに出した場合にはその店で車を買うということが前提となります。

この場合のメリットといえるのが、車を「売る」「買う」といった手続きが1回で済むという点にあります。
車を買い換えるという行為自体はそれほど回数が多いものではありませんので、ほとんどの人が初めて行うのに等しいといえるのですが、こうした取引が手間無く1回だけで完了するというのは、
特に車の買い換えの初心者の人にとっては大きなメリットといえるのではないでしょうか。

しかし、逆にデメリットとなるのが、下取りを行った場合はそれほど高値が期待できないという点といえます。
車の下取りをする先というのは、次に車を買い換える先でもありますので、下取りの査定を担当する人というのは車の販売を専門に行う人である場合がほとんどです。
また、下取りされた車はその後別の業者に転売されたり部品取りにされたりしますので、想像していたよりもかなり安い金額を提示されたりする可能性もあります。

こうした点をふまえて、注意すべきポイントとしては、「書類に不備がないようにしておく」ことと「車をきれいな状態にしておく」ことが挙げられます。
下取りといえど、車の所有権を移動させる手続きに変わりはありませんので、その手続きをスムーズに進めるためにも書類に不備がないようにしておくことは基本中の基本といえます。
また、車をきれいな状態にしておくことも下取りのプラスポイントのひとつです。
特別修理などをしておく必要はありませんが、たとえば洗車をしておく等、気を配っておくことが下取りに影響する可能性はあります。
車への愛着と感謝を忘れない気持ちが、下取りにも大切といえるでしょう。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ