事故歴と修復歴の違いとは

車を買い換える際には、販売店に下取りに出す場合が多いと思いますが、その際に関係してくるのが事故歴と修復歴というものです。
事故歴とは、その名の通り事故を起こしたことがあるかどうかというデータです。
たとえば、車のへこみを修理に出した際に、そのへこみがどういった原因でできたのかということを確認されます。
そのへこみが車をぶつけられてできたものであれば、事故歴として残るということになります。
なお、自走できないほどの事故を起こした場合は言うまでもなく事故歴となりますし、修理するよりも新しく買い換えた方が安上がりな場合もあります。

wreck

もっとも、こうした車の場合は「事故車」となります。
いずれにしても、事故歴があるのであれば正直に申告をしたほうが良いですし、もしも申告しなかったとしても、プロの目はごまかすことはできませんので必ずばれます。

事故歴に似た言葉で「修復歴」というものがあります。
これは、事故とは関係なく車体のフレームなどが歪んでしまい、それを修理した場合の言葉です。
なお、この修復歴というのは、バンパーやボディーのへこみ、キズなどの修理の場合には含まれないため、事故歴があっても修復歴がないというケースも考えられます。

以上をふまえたうえで、事故歴と修復歴との違いはなにかということですが、下取りにおいて「マイナス査定」になるかどうかという違いです。
事故歴の場合は、使える部品などがある場合もありますし、きれいに修理されていれば実はそれほどマイナス査定を受けることはありません。
しかし、修復歴の場合は車の骨格部分が歪んでしまっているため、マイナスの評価になります。
ただし、ここで注意したいのが、マイナスになるかもしれないということで申告しないというのは避けた方が良いということです。

もちろんマナーという理由もありますが、事故歴を隠していてそれがバレた際にはマイナス評価になってしまう可能性が高くなりますので、小さなキズであっても必ず申告するようにしましょう。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ