出張買取査定とは

000928

車を買取に出す場合には、その車を実際に査定してもらう必要があります。
車種や年式が同じであっても、車の乗り方や搭載しているパーツ、オプションには様々な違いがあり、一概に買取金額を計算することができないためです。
車の買取査定を受けるには、実際に車を業者のところまで持ち込む場合と、出張買取査定を受ける場合とに分けられます。

出張買取査定とは、その名の通り車のある場所まで買取業者が出張して査定をしてくれるというサービスです。
車のある場所であれば、その人の住所である必要はなく、たとえば職場や車庫など、希望に応じて出張してもらう場所を決めることができます。
買取の査定という意味で考えた場合便利なのは出張買取査定です。

車の買取において、少しでも高い買取金額を受けるためには、複数の業者に見積を取るのがセオリーとなります。
しかし、買取査定においてそれぞれの業者に車を持ち込んでいたのではガソリン代もかかりますし、決して効率が良いとはいえません。
その点出張買取査定であれば、車をそれぞれの業者が直接出向いてくれますので、査定にかかるロスを減らすことができます。
また、査定を行う場所が自宅またはそれに近い場所のため、他の業者に見積をとっている場合にはその場で契約をしなくても良い雰囲気を保つこともできます。
車を普段置いてるところであれば、交換に使った純正パーツなどもすぐに用意できるかもしれませんので、こうしたものがあれば査定の金額に影響する可能性もあります。

このように、出張買取査定には買取金額を高くするためのメリットがたくさんあります。
ただし、出張買取査定についてはどの買取業者でも行っているわけではありませんので、買取金額の見積をとった段階でそういったことができるかどうか確認をとっておきましょう。
また、出張買取査定が可能な場合でも費用が発生したり、距離によっては対象外となるケースもありますので、こうした点についても必ず確認するようにしておきましょう。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ