名義が違う車を下取りすることはできますか?

車を下取りに出すにあたり、注意すべきポイントには様々なものがあります。
そのひとつが、自動車の所有者名義です。
たとえば、その車を普段使っている人と、所有者の名義となっている人が同一であれば特に大きな問題はなくそのまま手続きを進めて構わないのですが、そうでない場合というのも少なからずあるかと思います。
もちろんそのような場合であっても車の下取りそのものができないというわけではありません。

093241

まずは、所有者の印鑑証明書と実印を用意します。
次に下取りに出す先で委任状と譲渡証明書を用意し、それぞれに実印で捺印をして提出します。
場合によっては自賠責保険の名義変更も必要となりますので、それに応じてさらに別途委任状などを用意しなければならない場合もあります。

こうした書類を揃えて手続きをすることで、下取りの際にわざわざその車の名義を変更するといった必要はありません。
要は、「その車を下取りに出しても構いませんよ」といった許可を取ることができれば問題ないということになります。
同様に、ローンが残っている等の理由でクレジット会社や販売店、ディーラーなどが所有権を持っている場合も敢えて名義変更をする必要はありません。
こうした場合も、委任状や譲渡証明書などの必要書類に加えて、納税証明書が必要となります。

少し手続きが複雑になるのが、下取りに出したい車の所有者が死亡してしまっている場合です。
このような場合には、故人から名義を変更したうえで下取りに出すといった手続きが必要となります。
車といえど遺産のひとつですので、「遺産分割協議書」に故人の遺産を相続できる権利者全員から署名捺印を集め、同時に全員の印鑑証明を用意し、そして戸籍謄本を添えて手続きを行うことになります。
戸籍謄本を用意するのは、故人との関係を証明することが目的です。

このように、名義が所有者と使用者との間で異なっていても書類さえ揃えてしまえば手続きそのものは可能ということになります。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ