車の下取りの流れ

車を下取りに出す場合、下取りに出した先から車を購入するということが前提となります。
そのため、下取りの手続きの流れについては、まずはディーラーや販売店などで購入したい車を決めるところから始まります。
そこでほしい車がなければ下取りに出す意味がありませんので、まずは購入する車を選びましょう。
この時の購入したい車の金額から、下取りに出した分の金額が値引きされるというシステムになっています。
下取りの基本的な考え方としては、「新車の値引き」というわけではなく、現在乗っている車を売ってその代金を新車の購入代金に充当するというものとなります。

093350

そのうえで、下取りに出す際の流れについてですが、まず必要となるのが各種書類です。
車の車検証や納税証明書、自賠責保険証などはもちろんのことですが、車の所有権を移動させる必要がありますので、実印が押された委任状と譲渡証明書、そして印鑑証明書を用意しておきます。
下取りに出た車がその後ディーラーで中古車として販売されるかどうかはともかくとして、名義変更はしておく必要があり、これらの書類は名義変更のためのものといえます。

書類に不備がなければ、下取り契約書に署名をして手続きに移ります。
下取りといえど、車を売ることになりますので、契約の一種となります。
なお、下取りの場合はこの後車を購入する必要がありますので、その後は新しい車を買うための手続きに移ります。
こちらについても、印鑑証明書と委任状、そして実印が必要となりますが、それに加えて車庫証明書も用意しておきましょう。

なお、現在乗っている車を引き渡すタイミングとしては、基本的に納車の時となります。
納車の際にディーラーや販売店まで直接車を運転して行き、その場で納車して乗り換えて帰るというパターンが最も多いのですが、車検切れなどで車を持って来てもらう場合もあります。
もちろんその際に費用が発生するかどうかについては業者によって異なりますので、手続きの際に確認しておくと良いでしょう。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ