過走行車でも買取してもらえますか

車の買取を希望しているのに、過走行車であるという理由で査定をしてもらえない場合もあります。
過走行の車の場合はどうしても部品の消耗なども激しく、長く乗っている傾向があるので一般的には査定不可と思われています。
ところが過走行の車でも需要があれば買い取ってもらうこともできるのです。
車の状態にもよりますが、過走行車のうえにエンジンも動かず車として使えない場合でも、部品や鉄クズとして売れれば車というより部品を買い取ってもらうこともできます。
他社で査定を断られた車でも、部品としての価値があれば買取している業者もあるので、そういうところを探してみましょう。
過走行としてかなり古くなっていても、メンテナンスをしてまだまだ車として利用価値がある場合は、海外に輸出する事もできます。
海外では日本車は丈夫で長く乗れると人気も高く、日本ではかなり古い車でもまだまだ需要があります。
トラックなど海外では特に人気があり、需要も高いので過走行でも買取可能としている業者はあります。
ただし日本国内では過走行車だと買取してもらえても、あまり高値は期待できないかもしれません。
しかし査定が可能というなら、廃車にする費用を出してもプラスになる事はあるので、年式が古いとか過走行車だという理由だけで査定を諦める必要はありません。
長く乗っているほど車にも愛着がわくので、廃車にするよりも海外でもう一度誰かに使ってもらうというのも悪くないと思います。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ