ローンが残っていても売却できますか

車を購入するときには一括で支払うこともできますし、ローンを組んで月々支払うという方法もあります。
しかしローンで車を購入してもと途中で車の買い替えをしたくなることもありますね。
こういう時はローンの支払いが終わるまで車を売れないと思っている人も多いようですが、手続きをきちんと行えば、ローンの残債があっても車を売ることが出来ます。
まずローンで車を購入する場合は、支払いが全て終わるまで車の所有者はクレジット会社やディーラー名義となります。
もちろんその間車に乗ることはできますが、名義上は自分のものではないのです。
車を売却する場合には、名義人しかその権利はありませんので、そのことをクレジット会社やディーラーに伝え許可をもらわなくては行けません。
ローンの残債に関しては、車の査定額が残債よりも高ければ、残債分を一括で返済し自分の名義にすれば車を売却出来ます。
査定額が残債よりも低い場合は、車を売ったお金で返済できるだけ返済し、残りの分を新たなローンとして組み直します。
どちらかの方法が可能なら、ローンの残債があっても車を売却できるので、ローンの支払いが完了する前に売ることもできます。
ただしローンの支払いが残っているのに、クレジット会社やディーラーに相談せず無断で車を売ろうとしても買い取ってもらうことはできません。
必ず支払いが終わるまでの名義人に相談してから、行動に移すようにしてください。
手続き方法なども全て教えてもらえます。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ