自動車税を滞納していても売却できますか

車を買う場合には車体価格や税金の他に、ガソリン代や維持費もかかります。
車を維持していく上では、税金の支払い義務もありますが、中には自動車税を滞納している人もいます。
これに関しては国民の義務なので、車に乗り続ける限り税金を支払うのは当然の義務です。
万一滞納してし合った場合は、後から支払う事もできますが、滞納金が加算されるので支払いが遅れるほど損をします。
車に乗り続ける限り車検を通す必要もありますが、自動車税を支払ったという証明書=領収書がないと、車検を受ける事ができません。
車を売る場合は車検切れでも売却はできますが、元のオーナーから新しいオーナーへの名義変更をする場合には、納税証明書が必要となります。
つまり車検の支払いを逃れることはできても、車を売る場合には納税証明書が必要となるので、税金を滞納したままでは車を売ることはできません。
滞納金と税金を支払い、納税証明書を手に入れたら、その時初めて車の売却が可能となります。
これについては誤魔化そうとしても、車の買取時には必要書類となるので誤魔化し切れるものではありません。
また自動車税の滞納がある場合には、査定もしてもらえない事が多いので、車を売る予定があるのなら、きちんと税金は支払っておくべきです。
もしも自動車税の納付間際に売却するような場合は、査定額から税金分を差し引くなどの対応は可能なようなので、業者とよく相談しておくことをおすすめします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ