車下取り前に車検に通したほうがいいですか

車を売るときには査定をしてもらいますが、この時車検が残っている場合は、車検切れの車よりも高い査定になる傾向があります。
もしも車を売ろうと考えていて、車検があまり残っていない場合はどうしたらいいかを紹介します。
これは車種や年式にもよりますが、車検を通すにもそれなりの費用がかかります。
車検は査定に有利となる場合もありますが、車検を通したからといってその分かかった費用を上乗せしてもらえるとは限りません。
車検切れの車でも買い取ってもらう事は可能なので、売ろうと思った時点で車検の残りが少なくても、無理に車検を通さずにそのまま売ったほうがお得という事になります。
仮に車検を通しておきそれから売るとしても、査定額が車検代を引いてもプラスになるというのはあまり期待できません。
これは車自体の価値と、車検にいくらかかるかにもよりますが、大抵の場合はわざわざ車検を通しても査定額に期待するほど大きな違いは望めないと思っておいたほうがいいでしょう。
業者による違いもありますが、買取から中古販売まで全て自社でまかなっているような場合は、車検も自社で行うことが出来ます。
これがあるから車検切れの車でも買い取ってもらう事が出来るのです。
もちろんほかの業者に車検を依頼する事もありますが、一般的な相場よりは安くできるので業者はそれほど損をしません。
車を売る場合はあまり車検のことは気にしなくてもいいので、洗車や室内の清掃などに気を使いましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ