所有者が亡くなっている場合、車を処分できますか

車を処分する場合の理由にもいろいろありますが、所有者が亡くなっておりその後車を使う人がいなくなってしまうというケースも考えられます。
こういう場合本人は手続きできませんので、親族の誰かが手続きをします。
必要になるのは、車を所有していた人と親族である事がわかる戸籍謄本です。
また所有者が死亡している事の証明になる、除籍謄本も用意します。
ただし親族であっても車は価値のある財産とみなされるので、親族であっても車を処分する場合は遺産分割協議書が必要です。
これに関しては素人ではわからない部分も多いので、弁護士や司法書士に相談する事になると思います。
車を処分する前に譲り受けた人が居る場合は、その人の実印と印鑑証明書も必要です。
これに関する必要書類は、全て最寄りの役所で揃います。
後は通常の廃車手続きと同じですが、これも車に詳しい人なら自分で廃車手続きができますし、余計な費用をカットできます。
もしも自分では手続きできない場合には、手数料はかかりますが業者に依頼すれば全て代行してもらえます。
ただし廃車にする車でも、その時点で自賠責保険が1ヶ月以上残っている場合には、残りの分を月割で返金してもらえます。
この手続きも自分で保険会社に申請しますが、手続き方法や戻ってくる金額などは全て加入している保険会社で教えてもらえます。
業者代行してもらう場合は、手続きの順序などもあるのでよく相談して、納得してから依頼することをおすすめします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ