車検証がない場合廃車にすることはできますか

車を購入する時には必ず車検証もついてきます。
しかし車の盗難や、災害で車検証を紛失してしまう可能性もあります。
車を廃車にする時に車検証は必須ですが、やむを得ない事情で車検証が無い場合でも廃車手続きは可能です。
まず車を盗まれてしまった場合には、最寄りの警察署に盗難届けを提出しておきます。
災害で車を失った場合は、消防署で罹災証明書を発行してもらいます。
これは車検証を紛失してしまった証明書となるので、必ず入手しておきましょう。
次は運輸支局で、車検証の再交付手続きをします。
本人が手続きしますが、無理な場合は委任状があればほかの人でも代行可能です。
身分証明書、車検証を紛失した理由を書く用紙などを揃えて提出します。
この他の理由で車検証を紛失してしまった場合は、自動車の登録証明書を交付してもらう事で車検証の代わりにする事もできます。
別名を現在登録証明書とも言いますが、これ運輸支局に行き手続きをすれば交付してもらえます。
ちなみに手数料は300円かかります。
後は通常通りの廃車手続きをすればいいだけです。
一般的には車のダッシュボードなどに、車検証や車に関する書類を入れておくので紛失する事はないと思いますが、やむを得ない場合でも
いくつかの方法で車検証の再交付やそれに代わる現在登録証明書を交付してもらう事は可能です。
ただし紛失した事情などにより扱いが変わることもあるので、わからない場合には業者や運輸支局に問合わせてみてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ