法人契約の車を買い取ってもらうことはできますか

社用車や営業車など法人契約車を買い替えや減車で処分する場合、どのような方法があるのでしょうか?
所有する車を処分する際には、以前はディーラーによる下取りが圧倒的に多く利用されていました。
個人の所有車だけでなく法人契約の車も同様で、主流は下取りに出すケースがほとんどでした。
しかし近年では買取専門業者の台頭とともに、下取りではなく買取という方法を選ぶ法人も増えてきています。
法人契約車の場合も基本的には個人の場合と同じで、車の状態に加えて市場の需要や人気度などを総合して査定額が決定します。
中古車市場には法人車に特化した市場も存在しており、中には一般車よりも高値がつきやすい車も見られます。
法人契約車は日頃からメンテナンスがきちんと行われていると、いう点もポイントとなっています。
また各種バスをはじめとする特殊な車両は流通量が少ないこともあり高値がつく可能性が高いので、法人契約車の売却を検討する際には
専門的に扱う業者に査定依頼したほうが有利なこともあります。もちろん一般的な買取業者でも法人契約車を取り扱っているところは多くあります。
一括査定サイトを活用すれば、複数業者にいっぺんに査定を依頼することができるので便利です。
買取業者によって査定額には差が生じてくるので、査定額を比較してから高値をつけてくれた業者に売却することが可能になります。
法人契約車を売却する際には特定の書類などが必要になることがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ