自分で売却手続きをする方法

車を売る時には、自分で売却手続きをする事も可能です。
これを業者に依頼すると手数料がかかることもあるので、売却手続きを知っておけば余計な出費を抑えることもできますね。
車を売る前に覚えておくべきなのは、車の所有者しか手続きができないという事です。
これは車検証に記載されている名義人が車の所有者となります。
もしも家族が名義人となっており、本人が手続きできない場合には、印鑑証明があれば代行できます。
このため車検証は必ず必要になりますが、自分が所有者なら問題ありません。
他には納税証明書と自賠責証書とリサイクル券が必要です。
これら必要な書類を用意したら、あとは自分が住んでいる管轄の陸運局に行きます。
車を売る人が決まっている場合には、委任状と譲渡証に必要事項を記入して相手に渡します。
陸運局に行けば必要な書類はほぼ揃っていますし、今は、インターネットでもテンプレートをダウンロードできますので、必要書類を揃えるのはそれほど手間はかかりません。
ナンバープレートを変える場合には、別途手数料が必要になりますが費用は都道府県によって違いますがだいたい1,500円前後です。
車を売る場合には買取業者に依頼すれば、こういった面倒な手続きも委任状などがあればすべて代行してもらえます。
一部手数料がかかる場合もありますので、自分にとってどちらが都合がいいか、メリットが多いかなどを考えて売却方法を選ぶのがおすすめです。
費用を節約したい人は自分で手続きしてみましょう。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ