車両評価額証明書について

車を売却するときには、車両評価額証明書が必要になる場合もあります。
車両評価額証明書というのは、各自治体が車の価値を客観的に評価しそれを証明しているものになります。
法人や個人事業主の社用車を売却する場合や、事故にあった場合にその車の価値を客観的に証明する必要がある場合に役立つ書類です。
従って一般的な車には、車両評価額証明書が必要になることはほとんどありません。
車両評価額証明書には所有者の住所や氏名、資産の種類や取得した時の価格、特別減税額と課税標準額、評価額や決定価格などが記載されています。
車両評価額証明書が必要な場合には、納税義務のある者やその家族、委任状を持つ第三者など条件もあるので誰でも取得できるものではありません。
また車両評価額証明書が必要な理由も、きちんとわかるようにしておく必要があります。
車を売却するというのも立派な理由となるので、この場合は車を売却する目的としておきます。
今はこういった手続きに関する書類や申し込み書や申請用紙も、インターネットからテンプレートをダウンロードできるようになっていますが、車両評価額
証明書に関する書類や手続きはすべて窓口で受け付けるとされていますので、窓口まで出向く必要があります。
本人が行けない場合には、委任状や印鑑証明が必要となるので、事前に用意しておくことをおすすめします。
手続き方法に関しては、わからないところがあっても窓口で担当者に直接聞けます。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ