価格がついたら即決してもいいですか

車を売る場合は、車の買取を専門にしている業者の方がディーラーよりも高値で査定してもらえる事も多いので、多くの人が車の買取業者を利用しています。

最近ではインターネットを利用して複数の業者に一括で見積を依頼することができますが、ここで自分が考える以上の評価額が提示されればその場で買取の申込をしてしまう、というケースもあるのではないでしょうか。
車の査定をした結果の金額というものは、買取業者ごとに異なりますので、複数の業者を比較して見積をとることは必要なことです。

ただし、ここで提示された値段というのは、その後の売買成立にいたるまでに減額されたり逆に上がったりすることがあります。
特にネットで見積を依頼した金額というものは、あくまでも「仮査定額」でしかありませんので、その後業者が所有している車を直接確認した場合に金額が変わることは珍しいことではありません。
それにくわえて、業者によってはお手持ちの車を確認するための査定について費用が発生する場合もあります。

もちろんこうした情報は事前に注意事項として説明しておくべきことですが、こうした情報を確認していないためにトラブルが発生するといった可能性も考えておく必要があります。
もちろんほとんどの業者では無料で査定をしてくれますが、これを「常識」と考えてしまうのは早計かもしれません。

また、査定をしてもらったところでその業者にどうしても買取してもらわなければならないということでもありません。
あくまでも自分が納得できる値段を提示してくれるところと交渉してから愛車を売るかどうかを決めると良いでしょう。
契約が成立した後のキャンセルともなれば少し事情が異なります。

契約後数日たってからのキャンセルの場合はキャセル料の請求を要求されることもありますので、契約に関する注意事項はしっかりと内容を把握しておきましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ