車買取時の税金とは

車を売る場合には、買取業者に見積もりをしてもらうといった事も必要ですが、その他にもいくつかやっておくべき手続きや、やっておくと得になる手続きなどもあります。
車には自動車税と自動車重量税という税金がかかっています。
車を売る場合にはこの税金の事も知っておきましょう。

自動車税とは

まず自動車税は車を売る時に、残存期間があればその期間を月割で返還してもらえます。
自動車税にはこういった制度があるので、残存期間があればその分を返還してもらうのは当然の権利です。

しかし自動車重量税にはこういった制度はありません。
車を購入するときや車検の時には、自動車重量税を支払っていますので、この分は車の査定をするとき多少は上乗せしてもらえます。

売却のタイミングを考えよう

また車を売る時期も考えておく必要があります。
自動車税の通知は、4月1日時点の車の所有者に通知されるようになっているからです。
登録に時間がかかってしまうと、前の所有者に自動車税の通知が送られてしまいます。

車の買取業者もこの事は心得ていますから、微妙な時期の場合は手続きにかかる日数なども考慮して車を引き渡しましょう。
自動車税に関しては自身で受け取ってから売却となるのか、査定額に還元されているのかも業者に確認しておきましょう。

車に詳しい人なら税金に関する事も知っているものですが、あまり詳しくない人は税金のことを知らずに後で通知が送られてくるなどのトラブルもあります。
買取業者を選ぶ場合には、こういった複雑な事もきちんと説明してくれるかどうかも比較対象にしておきたいですね。

還付金制度の対象とは

車を解体するという事は=車の抹消登録をする事にもなるので申請のタイミングなども重要です。
正しく解体された後解体届けと、登録抹消申請がきちんと行われれば自動車重量税の還付金制度が適用されます。
手続きも複雑で面倒に思えてしまいますが、抹消登録をすればあとは自動的に処理されるので意外と簡単です。

わからない場合は、国税庁の公式ホームページにも手続に関するページがありますし、買取業者の人に聞けば詳しく教えてもらえます。
廃車にしても、リサイクル不可能な場合は、自動車重量税の還付金制度対象外となるケースもあります。
車種によっても、自動車重量税の還付金制度の対象外となる事もあるので事前に調べておくといいでしょう。

sck1101_salb05愛車を高額で査定する方法

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ