個人売買のメリットデメリット

車を売るというとき、ほとんどの場合ディーラーに下取りをしてもらうか、車の買取業者に買い取ってもらうかのどちらかを選びます。
もちろんクルマを売却するための方法はこれだけではなく、この他に「個人売買」というものがあります。
個人売買の特徴は、「クルマを売りたい」ということを自分でアピールしなければならない、という点にあります。

具体的には中古車専門雑誌やインターネットの個人売買サイトなどを利用するといった方法ですが、中でも特に一般的なのはヤフオクなどの
ネットオークションを利用するというものではないでしょうか。
オークションは様々な人が閲覧しますので、マニアから見れば欲しい車種だったりすれば、意外な高値で取引されるといったこともあるかもしれません。
買う側にとっても、オークションは消費税がかからない等の理由から相場よりも安い価格でクルマを購入できるというメリットもあります。

もっとも、個人での車両売買というものは、名義変更をはじめとする手続きをすべて個人でやる必要があります。
これはネットを利用して売買する場合であっても同じであり、手続きにおいてトラブルが発生するケースも珍しいことではありません。
長く乗ってきた愛車ですので、少しでも高い金額で売りたいところですが、車に関する知識が少ない人の場合は専門業者に話をしてみるのも良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ