永久抹消登録について

車の状態というものは、いつまでも納車された新車の状態というわけではありません。
特にこれが関係してくるのが車を手放す場合です。
できるだけ売値が高い状態で買取または下取りに出したいところですが、必ずしも予定通りの金額で買い取ってもらえるとは限りません。

長年乗ってきた愛車を手放す場合、結果として部品でしか買取ができない場合もあれば、災害や事故などで廃車にしなければならない車の場合には抹消登録をする必要があります。

この抹消登録については車の持ち主が行う必要がありますが、車屋さんや中古車買取の業者などに手続きを代行してもらうことも可能です。
この時に必要な書類としては、印鑑証明、車検証、ナンバープレート、車を解体したという証明になる物などがありますが、わからない場合は陸運局に確認すると良いでしょう。

また、代行してもらう場合には委任状も必要となります。
手続きについては陸運局の窓口まで出向き、備付の書類に必要事項を記入したうえでナンバープレートと必要書類を添えて申し込みます。
自賠責保険が1ヶ月以上残っている場合は、この手続きが完了した後で自賠責保険保険会社に解約と返金の手続きをすれば保険金の残りが還付されます。
抹消登録にかかる費用については、手続きを自分で行う場合には窓口で購入する用紙の費用だけで済みます。
業者に代行してもらう場合には別途手数料が発生する可能性もありますが、金額についてはそれぞれの業者によって異なります。

ここで注意したいのが、引っ越しなどで車検証に記載されている住所から変更になっている場合です。
この場合には、変更内容が確認できる書類も併せて用意する必要があります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ