一時抹消登録について

一時抹消登録については、主に車を売る時に一時的に車を使えないようにする手続きの事です。
これは車を売る時にする手続きですが、自分の車でも売ってしまえば自分の所有物ではなくなります。
中古車として新しいオーナーに名義変更をしますが、この名義変更手続きには一時抹消登録している事を証明しなければいけません。
車を廃車にするような場合は永久抹消登録になりますが、車を売り新しいオーナーにっ引き渡してから再び車を使用するような場合には一時抹消登録を行います。
一時抹消登録手続きも基本は運輸支局の窓口で車の所有者本人が行いますが、無理な場合は委任状があれば代行も可能です。
一時抹消登録手続きを代行してもらう場合は、代行費用がかかりますが、これは業者によっても変わってきます。
自分で手続きを行う場合には、一時抹消登録手数料の350円と、専門の用紙代100円程度を支払うだけで済みます。
ただし運輸支局に行くまでの交通費なども考えておくといいと思います。
多少内容が変わる場合もありますが、分からない事があった場合も窓口で質問すれば教えてもらえます。
手続き当日は、窓口で専用用紙を購入し、手数料を支払い、ナンバープレートを返却し、承認印などを全て揃えて提出するという流れです。
この場合も自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上残っているなら、月割で自賠責保険金を返金してもらえるので、一時抹消登録の手続きを終えたら自分で保険会社に解約と返金の手続きをします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ