買取と下取りの違い

マイカーを手放す場合に悩むのが、下取りに出すか買取店に売るかという点ではないでしょうか。
現在所有している車を新車に乗り換えるのであれば、購入する予定のディーラーで下取り査定をしてもらう、というのが一般的です。
提示された値段に問題がなければその分を追加して車を購入することができます。
ディーラーによっては、最初の段階ではそれほど高くない額を提示する場合もあります。
これはディーラーの戦略のひとつであり、交渉によって少しずつ金額を上げていくことでユーザー側への満足感を演出している側面もあります。

そのため、実際にはその車種の価値に応じた金額ではない可能性も少なからずありますので、高値で下取りしてもらえた
と感じても実際にはそれほど高いレートで買取してもらえたわけではありません。
そもそもディーラーでの下取り基準は一般的に減点方式での評価である場合が多く、こうした理由からもその車の価値に応じた査定ができているかどうかは疑問が残ります。

そこで選択肢のひとつに加えたいのが買取専門店の利用です。
車の買取を専門に扱う業者の場合、ディーラーの下取り査定だけでなく、市場における需要や供給といった追加要素も含めて査定を行います。

中には故障者であっても買取ができるところもあり、こうした複数ある業者に相談することが車を高値で買い取ってもらうひとつのポイントとなります。
このような場合には、数社に一括で見積を依頼することができるサイトや、実際にその業者で買い取ってもらった人の口コミ情報などを参考にしてみると良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ