車査定トラブルについて

車を買い換えるときには、今乗っている車をディーラーに下取りに出すという方法もありますが、それよりも車の買取業者に買い取ってもらったほうが高値になる可能性もあります。
どちらにするかは両方の見積もりを比較してからでも遅くないので、車を売る時は買取業者に査定の依頼をしてみましょう。
査定の依頼はインターネットでも出来ますし、複数の買取業者を比較できるので一番高く買い取ってくれるところを選べるのもメリットです。
ほとんどが査定は無料で行ってくれますし、査定をしたからといって買取の義務は無いので気軽に申し込めます。
ただし中には査定後にトラブルもあるので、査定をする時の注意点も知っておいたほうがいいでしょう。
多くの場合は見えないところの傷や歪み、修理歴をきちんと申告しない事がトラブルの原因となります。
少しでも高く査定してもらいたいのは誰もが思う事ですが、嘘や虚偽の申告はトラブルの元になるので正直である事も大切です。
買取査定の時にはその業者のプロが車を直接見て査定を行いますが、買取後車を中古車として売りに出す前にもう一度念入りなチェックをします。
この時に隠していた修理歴や故障した部分が発覚すると、既に査定額の支払いと受け取りが完了していても、後から査定額の減額となるので、逆に業者から返金請求をされる事になります。
黙っていてもバレてしまう可能性は高く、トラブルの原因となるので正直に申告する事をおすすめします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ