クロス売買とV字売買

クロス売買とV字売買という用語を耳にしたことがあるでしょうか?
これは自動車の売却方法をあらわした用語です。この二つの売却方法について簡単に説明しましょう。
・クロス売買:クロス売買というのは、図で示したときにクロスする形で売買が行われるケースです。
代表的な例が新車購入の際に購入する車の販売店で自分の車を下取りしてもらうといったものです。
自動車を売る場合、ひと昔前まではこのクロス売買が主流でした。
しかし1990年代から徐々に買取という形態が普及するにつれ、売る側にとってよりお得なV字売買という売却方法が増加していきました。
・V字売買:図で示したときにV字型を描く売買形態のことです。
愛車を一旦買取業者に売るかたちで手放し、その代金で別の販売店で車を購入するというケースが、V字売買の一般的なパターンになります。
ディーラーでの下取りか買取店への売却かを選択できる時代になり、買取を選ぶ利用者の数は近年確実に増加しています。
実際下取りに出すよりも買取店に売却したほうがお得に乗り換えができる、というケースが多いことが大きな理由となっています。
下取りで提示された査定額にがっかりした人でも、買取店では思わぬ査定額が出て満足することも多いようです。
インターネットでは複数の買取業者に一括査定依頼ができる便利なサイトもあり人気を呼んでいます。
同じ車であっても買取店によって査定額には幅があるので、十分に検討したうえで売り先を決めることが肝心です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ