同じ車で査定額に差が出る理由

中古車の査定額というのは、どこの買取店でも同じというわけではありません。
1台の車を複数の買取店で査定してもらった場合その査定額には多少の違いが出るもので、時にはその差がかなり大きいこともあります。
少しでも高く愛車を売りたい人にとって、この事実は見逃せないものです。
一般的に中古車の価値というものは、多様な要素から決まってきます。
車の種類や型式だけでなく、キズ・汚れの度合いやエンジン・電気系統の状態などあらゆる項目がチェックされます。
特に車種・年式と走行距離は最も重視されるポイントといえるでしょう。
人気車種なら中古車市場でも需要が高いので高値がつきやすくなります。
さらに年式が新しく走行距離が少ないほど、付加価値が高くなります。
ワンオーナー車や無修復の車であれば、査定アップには大きなメリットになる可能性が高いです。
しかし中には年式が古くても特定の型式がマニア間で人気があったり、車種によって人気が高いボディカラーが存在することもよくあります。
買取店によって得意とするカテゴリーや車種があったりするので、どの店も同じ価格にはならないのです。
チューニングカーや輸入車などに特化した買取店も増えています。
中古車の買取店は独自のルートを確保したり、日々変動する市場データを的確に把握するなど工夫を重ねることで、他店より高値を付けることができます。
しかし数ある買取店の中で、どこが自分の車を最も高く買い取ってくれるのかは一見して分かりません。
そこで便利なのが一括査定サイトです。
全国の買取業者が参加するこうしたサイトでは、基本項目を入力して送信するだけで複数の買取店から査定額の回答を得られます。
査定結果を比較してから売り先を決めることで、お得に乗り換えすることが可能になります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ